自分に合った住宅ローンを自分で選ぶ

>

自分に合った住宅ローンとは?

固定金利と変動金利どっちがお得?

現在、金利タイプは3つの中から選べます。
借入時に定めた金利が変わらない「固定金利」3、5、10年など一定期間の金利を固定する「固定金利選択型」金利が変動していく「変動型」です。
どのタイプを選ぶかは今後の市場金利がどのようになるか自身で予想し、その内容に合うものを選びます。
「固定金利」は現在の市場金利がほぼ最低値だと予想する場合。
「固定金利選択型」は現在の市場金利は最低値に近いが、今後もさらに低くなる可能性があると予想する場合。
「変動金利」は現在より市場金利は下がっていくと予想する場合。
どの金利を選択しても自身の予想が外れ、市場金利が逆の動きをした場合は金利を多く支払うことになり損をするということになります。
また、固定金利は他の金利より少し高めに設定されていることが多いので注意が必要です。

結構違う!2つの返済方法

「元利均等方式」は元金と利息分を合わせた毎月の返済額を一定に保つ方法です。
毎月の返済額が変わらないので、わかり易く管理はしやすいですが、返済始めは返済額の多くが利息分のため、なかなか元金が減らず、返済の合計金額は「元金均等方式」より多くなります。
「元金均等方式」は毎月同じ額の元金に利息を加えた額を返済する方法です。
こちらは、元金プラス利息を払うため、返済始めは利息が多く、支払いの負担も大きくなります。
しかし、元金が着実に減るため「元利均等方式」より返済の合計金額が少なくなります。
合計金額だけで考えると「元金均等方式」の方が良いように思いますが、これはあくまでも単純に比較した結果です。
「元金均等方式」でも返済できる元金が少なく、返済が長期化した場合、「元利均等方式」で一定の額を払っていた方が返済額の合計が少なくなるということもあります。
大切なのは自分に合った返済方法を選ぶことです。