注文住宅で重要な住宅ローン選びのコツ

自分に合った住宅ローンを自分で選ぶ

初心者でも理解できる住宅ローン

「自宅を購入する」「注文住宅にする」そう決めた時、最初に何をしたらよいと思いますか? 「どんな家を建てたいか?」「場所はどこら辺がよいだろうか?」このように考える人が多いのでは? でも一番重要なのは住宅資金をどうするかです。 まずは住宅ローンの相談に行きましょう!

自宅購入は住宅ローンを知ることから始まる

人生で一番高い買い物である自宅購入。
一括で支払えるのが理想ですが、ほとんどの人がローンを組み分割で支払います。
その、住宅購入を目的としたローンのことを住宅ローンと言います。
カードローンやフリーローンなどと違い、完成した建物を担保にして契約するローンのため、金利が低めに設定されており、自宅購入の大きな手助けになります。

注文住宅では一般的に、土地を購入し、家を建てるために必要な手付金や中間金を支払い、最後に建物が完成します。
ここで重要なのは、先程説明したように住宅ローンは建物を担保にしているので、建物完成時まではローン契約ができないということです。
そのため、土地購入やその他の費用を自己資金で支払えない場合は、住宅ローン開始までに利用できる「つなぎ融資」というものを利用する必要がでてきます。
「つなぎ融資」は一般的に住宅ローンよりも金利が高く、また住宅ローンとは別に手数料もかかります。
こういった内容も含め、住宅購入時期の検討や自己資金の準備が大切です。

住宅ローンは公的融資と民間融資があります。
公的融資とは都道府県や市町村が独自に行うもので、内容も自治体によって異なり、取り扱いのない自治体もあります。
勤務先で財形貯蓄を1年以上し、残高が50万円以上の人が利用できる財形住宅融資というものもあります。
上記に挙げた公的融資は現在数が減っており、実際は民間融資を利用する人が多くなっています。
民間融資は銀行や住宅ローン専門会社、生命保険会社などが取り扱っています。

住宅ローンでいくらまで借りれるかは、収入や年齢、職業などによって変わります。
返済期間を何年にするか、実際に借りた場合の返済額はどのくらいなのかは一度シミュレーションしてみましょう。

おすすめリンク

自分に合った住宅ローンとは?

住宅ローンを利用する際に、必ず決めなくてはならないことが2つあります。 まず金利です。 「固定金利」「変動金利」のどちらにするか決めます。 もう1つは返済方法です。 「元利均等方式」「元金均等方式」のどちらか選びます。 言葉だけではどんな違いがあるかわかりずらいので、これからそれぞれの違いを説明します。

住宅ローンは人生にかかわる?

通常住宅ローンは金額が大きいため、返済期間も長くなることが多く、人生設計にも深く関わることになります。 現在の収入だけで月々の返済額を決めていませんか? 生命保険を見直すなど住宅に関することだけではなく、全体的なマネープランを見直すことが必要になります。